我慢しないダイエットで痩せた!

差別化を図って生き残った花屋

差別化を図って生き残った花屋

女の子の小さい頃の夢として多いのがお花屋さんです。とはいえ、生花店の経営は年々厳しさを増しています。特に、過疎地では企業努力もむなしく、郊外の大型店にお客を取られ、個人経営の生花店はどんどん厳しい経営状況となっています。とはいえ、そうした厳しい環境の中でも必死になって生き残っている花屋があります。そのお店は私の友人のお店なのですが、今日はそのお店の体験談を基に記したいと思います。参考にしてくださいね名古屋 会社設立がおすすめ。


そのお店は彼の父親から営んでいる田舎の生花店です。彼がお店を引き継いだときには経営状況は良くありませんでした。そこで、何とか他のお店と差別化を図り、生き残ることができないだろうと考えた結果、彼の奥さんがフラワーアレンジメントを以前に習っていたので、お店で教室を開くことにしました。

そうすることで、一定のお客さんを確保できればと考え、早速やってみたところ、予想以上に生徒が集まりました。それで広がったネットワークを通して、生徒さんから仕事の依頼が来たりし、現在でも何とか経営を続けています。




ホーム RSS購読 サイトマップ